メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本代表U-20影山監督 W杯メンバー選考基準「旬な選手を」(スポニチ)

 U-20の影山監督はW杯メンバー選出にはアジア最終予選の貢献度を一切考慮しないことを明かし、「できるだけ旬な選手、乗っている選手を選びたい」と言葉に力を込めた。また、練習試合ではゴールキック時を含めた新ルール適応を、レフェリーや対戦相手に要請。協力を得て、本番に向けたシミュレーションも行った。

     《森保監督視察》森保監督が視察に訪れた。両軍ともに東京五輪世代。試合後には昨年のアジア大会などで直接指導した大学生の上田、旗手、オビと対話する場面もあった。U-20W杯は指揮官が率いる6月の南米選手権と時期が近いため、選手のすみ分けが必要。拘束力のない南米選手権の招集について「今、選手の所属クラブと調整をしていただいている。どういう選手が招集できるかということを踏まえて、影山監督と話していきたい」と話した。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
    3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
    4. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
    5. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです