メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

マックス・リヒター 伝えるためのシンプルさ ポストクラシカルの旗手

マックス・リヒター=ユニバーサルミュージック提供

 近年、「ポストクラシカル」の名を冠したジャンルに光が当たりつつある。ベートーベンやマーラーの交響曲のように、コンサートホールで作曲家の強烈なエゴと複雑な和声進行によって感情をかきたてられるのではなく、自宅の安楽椅子の背もたれを倒し、シンプルで広大な空間を感じさせる音の流れに身をまかせる。そんな音楽だ。ピアノや弦楽器、いわゆる「クラシック音楽」の音色や作曲技法がベースにあるものの、思想はやや違う。ヒーリングやリラクセーションといったイメージか。ベクトルは大衆向け、ポップスの分野に足を踏み入れている。

 注目の新領域で、メキメキと名を上げているのが作曲家、マックス・リヒターだ。現在53歳。ヴィヴァルデ…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです