メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

マックス・リヒター 伝えるためのシンプルさ ポストクラシカルの旗手

マックス・リヒター=ユニバーサルミュージック提供

 近年、「ポストクラシカル」の名を冠したジャンルに光が当たりつつある。ベートーベンやマーラーの交響曲のように、コンサートホールで作曲家の強烈なエゴと複雑な和声進行によって感情をかきたてられるのではなく、自宅の安楽椅子の背もたれを倒し、シンプルで広大な空間を感じさせる音の流れに身をまかせる。そんな音楽だ。ピアノや弦楽器、いわゆる「クラシック音楽」の音色や作曲技法がベースにあるものの、思想はやや違う。ヒーリングやリラクセーションといったイメージか。ベクトルは大衆向け、ポップスの分野に足を踏み入れている。

 注目の新領域で、メキメキと名を上げているのが作曲家、マックス・リヒターだ。現在53歳。ヴィヴァルデ…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1180文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです