メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和婚

5月1日 婚姻届増見込み臨時開庁

大阪府吹田市が2019年5月1日に設置する記念撮影コーナー。「一生の記念になる写真が撮れます」と市職員の2人がアピール=同市役所で2019年4月17日、村松洋撮影

 「令和」に改元される5月1日は10連休(4月27日~5月6日)の真っただ中だが、「大安」でもあり、全国的に婚姻届を出すカップルが多いと予想される。近畿地方でも臨時開庁したり、イベントで人生の門出を祝ったりする自治体が目立つ。【久保聡、村松洋】

 大津市は1日午前8時40分~午後5時25分、市役所1階の戸籍住民課の窓口を臨時で開き、婚姻届のみを受け付ける。普段は休日など時間外の届け出は守衛室で警備員が預かっているが、市の担当者は「記念すべき日なので、混乱を防ぎたい」と言い、特別態勢をとることになった。

 奈良市はこの日、守衛室に市民課などの職員計6人を配置し、婚姻届を受け付ける。同市には年間約1500…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです