メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和婚

5月1日 婚姻届増見込み臨時開庁

大阪府吹田市が2019年5月1日に設置する記念撮影コーナー。「一生の記念になる写真が撮れます」と市職員の2人がアピール=同市役所で2019年4月17日、村松洋撮影

 「令和」に改元される5月1日は10連休(4月27日~5月6日)の真っただ中だが、「大安」でもあり、全国的に婚姻届を出すカップルが多いと予想される。近畿地方でも臨時開庁したり、イベントで人生の門出を祝ったりする自治体が目立つ。【久保聡、村松洋】

 大津市は1日午前8時40分~午後5時25分、市役所1階の戸籍住民課の窓口を臨時で開き、婚姻届のみを受け付ける。普段は休日など時間外の届け出は守衛室で警備員が預かっているが、市の担当者は「記念すべき日なので、混乱を防ぎたい」と言い、特別態勢をとることになった。

 奈良市はこの日、守衛室に市民課などの職員計6人を配置し、婚姻届を受け付ける。同市には年間約1500…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです