メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフォーカス

福岡空港、路線拡大へ躍起 民営化機に収益向上図る /神奈川

 国内空港旅客数で4位の福岡空港(福岡市)が4月1日に民営化した。繁華街に近い利便性を生かし、2048年度に路線数で現在の約2倍の100路線、旅客数で約1・5倍の3500万人を目指す。だが、今年5月の米大手デルタ航空撤退が冷や水を浴びせ、路線拡大へのかじ取りは容易でない。

 「たくさんの外国人旅行者の訪問を待っている」。運営を担う特別目的会社、福岡国際空港(FIAC)の永竿哲哉社長は今月1日、約12年半ぶりの復活となるマレーシアの首都クアラルンプールと結ぶ直行便の就航記念式典で歓迎した。

 FIACは運営事業者に選ばれた西日本鉄道や九州電力など地元中心の企業連合が出資した。新設した営業本…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです