獅子神楽

勇壮、コミカルに舞う 伝統継承、敢国神社で奉納 伊賀 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
天狗(左)に眠りを覚まされ、髪の毛を逆立てて怒る獅子=三重県伊賀市の敢国神社で、大西康裕撮影
天狗(左)に眠りを覚まされ、髪の毛を逆立てて怒る獅子=三重県伊賀市の敢国神社で、大西康裕撮影

 伊賀市一之宮の敢国神社で17日、獅子神楽の奉納があり、笛や太鼓のリズミカルな音に合わせ、勇壮、コミカルな舞が披露された。

 敢国神社の獅子神楽は藤堂藩に保護されて、伊賀を巡り、各地の獅子舞の形態に影響を与えたとされ、県の無形民俗文化財に指定されている。現在は30~60代の10人が活動する「伊賀一宮敢国神社獅子神楽保…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集