メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郷土食紹介本

第3弾は「あまから編」 酒やスイーツ、物語仕立てで 京丹後塾 /京都

刊行された「丹後くいにゃあなぁ あまから編」を手にする子ども=京都府京丹後市大宮町で、塩田敏夫撮影

 郷土食の伝承を通じて地域活性化に取り組んでいる「京丹後塾」は「丹後くいにゃあなぁ あまから編」を刊行した。家族や仲間が集まり、おいしい丹後の酒やスイーツを味わって「明日の活力」を得る一冊だ。【塩田敏夫】

 「あまから編」は、丹後の伝統料理と保存食に続く第3弾。都会から丹後に嫁いできた女性が地域の人と出会い、豊かな食材と食文化を体験するストーリー仕立てで描いた。

 春は山菜採り、海ではカメノテやニナイガイを採っておやつに。メカブはご飯にかけると何杯でもおかわりで…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです