メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

広島 辻村寿三郎人形館 広島県三次市 モデルの人生、表情に 開館5年、5万2000人堪能 /中国

辻村寿三郎さんの「一人遣い人形」を操る川崎員奥さん=広島県三次市三次町の辻村寿三郎記念館で、元田禎撮影

 歴史的な町並みが残る広島県三次市三次町。延長1・4キロの石畳が整備された「みよし本通り商店街」の中心に、辻村寿三郎人形館はある。1927(昭和2)年に、三次銀行本店として建てられた。外観は西洋風の石積み建築を模した鉄筋コンクリート造2階建てで、その後、郵便局として活用され、81年に市歴史民俗資料館として生まれ変わった。【元田禎】

 人形師、アートディレクターとして知られる辻村寿三郎さん(85)は旧満州(現中国東北部)生まれ。太平…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです