メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の220人以上
論プラス

キャッシュレス化あおる政府 払い方選ぶのは国民 新技術、未知の課題も=論説委員・福本容子

キャッシュレス決済比率の国際比較(2015年時点)

 新元号に続き、政府が紙幣の新デザインを発表した。その政府は一方で、新元号に切り替わるこの大型連休を「キャッシュレスウイーク」と命名。クレジットカードや電子マネーで支払う「キャッシュレス化」のキャンペーンを展開する。これは一体? 歴史をふり返ると、お金は時代を生きる人々によって選ばれてきたのがわかる。必ずしも時の権力者の思い通りにはならなかったようだが。

 日本初の紙幣が発行されたのは17世紀初め。ちょうど江戸時代が始まった頃だった。ただし幕府によるものではない。発行したのは、伊勢(現在の三重県伊勢市)の商人である。

この記事は有料記事です。

残り1877文字(全文2137文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです