メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

10年ぶりの「ホーランエンヤ」=安部登・松江ツーリズム研究会副理事長

安倍登・松江ツーリズム研究会副理事長

 日本三大船神事の一つ「ホーランエンヤ」が5月18日から26日まで、松江市の大橋川を主舞台に繰り広げられる。祭礼の花形である櫂伝馬船(かいでんません)を出す馬潟、矢田、大井、福富、大海崎の「五大地」はいずれも郊外に位置し、過疎化が進む。しかし住民たちは370年の伝統を継承してきたという使命感をもって、1カ月後に迫った祭りの準備に追われている。

 祭りは江戸初期、信州から松江に移ってきた松平家の初代藩主・直政の入府10年後の1648年、城内にある城山稲荷神社の御神霊を約10キロ離れた阿太加夜(あだかや)神社(東出雲町)に船で運び、そこで五穀豊穣(ほうじょう)を祈願したのが始まりとされる。正式には「松江城山稲荷神社式年神幸祭」。江戸時代は10年ごとに行われ、明治以降は12年に改められたが、今回は「江戸のころに戻そう」という住民の思いにより、…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです