メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 国際化した日本政治 経済の国から叡智の国へ=山田孝男(特別編集委員)

G7サミットでトランプ米大統領(右端)と話し合う安倍晋三首相(手前左から2人目)=カナダで2018年6月9日(首相官邸のフェイスブックより)

 平成の日本は経済力が衰えた半面、国際政治への取り組みはタフになった。

 日本文化へのグローバルな関心が日本のソフトパワーを生み出している面もある。日本は、貧しくみじめに落ちぶれたわけではない。

 この30年、政界取材に携わって実感する今昔の大きな違いは、内政と外交の垣根が低くなったことである。いわば内政が国際化した。

 この落差は、平成の初めと終わりの、政治記者の関心領域、取材対象の違いに端的に表れていると思う。

この記事は有料記事です。

残り1754文字(全文1960文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです