メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

元号商戦で消えた「天皇」=倉橋耕平・社会学者

 4月1日、新元号「令和」が発表された。昭和の終わりにあった「崩御・即位・新元号」の三位一体のメディアイベントの解体/分割であると同時に、今回はその三つが逆順で行われていくことを意味する。

 この日のテレビ欄に着目しよう。「新元号」というキーワードにマーカーを引けば、朝から晩まで途切れなく特別番組や特集が組まれたことがわかる。関西テレビでは、8番組連続で新元号を扱う。チャンネルを変えても新元号一色で代わり映えしない。翌2日のテレビ欄には<「令和」旋風><「令和」あやかり商戦><“令和”フィーバー!?><「令和」ゆかりの地><“令和”グッズ><金爆新元号の歌初披露>などの文字が並ぶ。メディアに現れたのは徹頭徹尾、商品として消費される記号としての元号ではないか。

 昭和の終わりと比べると違いがわかる。1989年1月8日、昭和天皇崩御の翌日の毎日新聞テレビ欄には「…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文853文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」未配備だった 容疑者、拳銃の取り扱いに精通か 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです