メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

サウジ支援停止に拒否権

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は16日、イエメン内戦に介入するサウジアラビア主導の連合軍への支援を断つ米議会の決議に対し、拒否権を行使すると表明した。トランプ氏の大統領就任後、拒否権行使は2回目。前回はメキシコ国境の壁建設を可能にする自らの国家非常事態宣言を無効とする議会決議に対し、3月に行使している。

 米国は、2015年から続くイエメン内戦で、サウジ主導の連合軍に軍事情報や輸送の提供などの軍事支援を続けてきた。しかし、内戦は死者1万人以上、約1000万人が飢餓の危機に直面する「最悪の人道危機」と呼ばれるまで泥沼化。さらに、サウジのムハンマド皇太子が関与したとされるジャマル・カショギ記者殺害事件を受け、米議会では対サウジ関係見直しを求める声が高まった。

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです