メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

鳥取県、独自の救済通知 手術記録残る被害者へ

 旧優生保護法下で不妊手術を受けた障害者らへの救済法案について、鳥取県の平井伸治知事は17日の記者会見で、手術記録のある人に被害を通知しない点を批判し、「最大限努力すべきだ」として、県独自の通知を検討する考えを明らかにした。

 法案は「プライバシー保護」を理由に通知しないとしており、被害の掘り起こしの…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです