メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

鳥取県、独自の救済通知 手術記録残る被害者へ

 旧優生保護法下で不妊手術を受けた障害者らへの救済法案について、鳥取県の平井伸治知事は17日の記者会見で、手術記録のある人に被害を通知しない点を批判し、「最大限努力すべきだ」として、県独自の通知を検討する考えを明らかにした。

 法案は「プライバシー保護」を理由に通知しないとしており、被害の掘り起こしの…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  3. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  4. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです