特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 糸谷哲郎八段-深浦康市九段 第44局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

自然に見えた敗着

 ねじり合いの中盤戦がまだまだ続くと思われていたが、本局は図から急転直下の展開になる。図から[後]2三歩と打った手が自然に見えるものの敗着となった。

 狙いすましていたように糸谷はわずか1分の考慮で[先]4四飛と切り、[後]同歩に[先]1六角の王手を放つ。[後]6二玉と逃げた本日終了図から、先手には強烈な寄せの手順があったのだ。深浦はうっかりしたのかもしれない。

 図では[後]8一飛と一段目に飛車を利かして受けるべきで、これなら先手からの攻め方も難しかった。(1)[先]3三歩[後]同桂[先]2三銀[後]4二金が感想戦で最初に並べられたが「ここで何をすればよいかよくわかんなくて……。ここで[先]3四銀成[後]4五桂は何か攻め方の味が悪いなと思いました」と糸谷。また「[後]8一飛に(2)[先]4二歩で勝ちにいきたかったんですけど[後]2三歩[先]4一角[後]6…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文684文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集