メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボット

バス、トラック運行管理者の業務代行 点呼、体調チェックや安全指導

ロボットによる安全指導を受ける男性=東京都千代田区で2019年4月17日、後藤豪撮影

 東京海上日動リスクコンサルティング(TRC、東京都千代田区)とソフトウエア開発・販売会社「ナブアシスト」(前橋市)は共同で、自動車運送事業での点呼業務や運転手への指導・監督に関し、ロボットを使った新たなサービスを始める。ロボットが業務を代行することで、正確な記録管理や大幅な業務効率化が期待される。

 バスやトラックの事業者は、営業所ごとに運行管理者を置くことを義務付けられている。しかし、TRCによると、安全管理業務の担い手である運行管理者…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです