東日本大震災

福島第1原発事故 渡辺謙さんが所長演じる 来年映画公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災での東京電力福島第1原発事故を描いた映画「Fukushima50(フクシマフィフティ)」(若松節朗監督)が来年公開されることが決まり、出演する俳優の佐藤浩市さん、渡辺謙さんらが17日、東京都内で記者会見した。同原発の当時の吉田昌郎所長を演じる渡辺さんは「原発の是非を問う映画ではないが、…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

注目の特集