メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性のカラダノート

高齢出産/5 ネットと上手に付き合おう

相談サービス「産婦人科オンライン」の利用者と産婦人科のやりとり=東京都千代田区のキッズ・パブリック社で、荒木涼子撮影

 妊娠や出産、子育てには不安がつきまとう。手軽なインターネットで「答え」を探しがちだが、間違った情報も多い。正確な情報を正しく使う知識が求められている。

 ●LINE通じ相談

 「前に妊娠した時、『高血圧になりやすい体質』と医師に言われました」

 30代後半の女性は、無料通信アプリ「LINE」を通じて産婦人科医にこう打ち明けた。長女(1)を身ごもった時、妊娠高血圧症候群を発症して早産に。1000グラムと小さかった長女は新生児集中治療室に運ばれた。この経験は、2人目の子どもを考える上で不安材料になっていた。

 LINEを使って産婦人科医や助産師に相談できる相談サービス「産婦人科オンライン」には、こうした相談…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです