メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第4部 世界の潮流/3 膨大データでAI判定 CT診断に中国ベンチャー 医師15分の作業を1分で

インファービジョンの事業モデルのイメージ

 <科学の森>

 ●2年半で日本進出

 近畿大学病院(大阪狭山市)の一室。コンピューター断層撮影装置(CT)で撮った約300枚の肺の断面の連続画像に次々とマークがつく。肺の病変である「結節」を、人工知能(AI)が見つけているのだ。

 AIは、結節の直径や位置、色の濃淡などを瞬時に識別。医師が見逃しやすい6ミリ未満の結節も高感度で見つけるという。治療の必要のない良性か、がんに進行する可能性がある悪性かも判定する。医師が15~20分かかる作業を、AIはわずか1分でこなす。

 このシステムは、北京に本社がある中国の医療ベンチャー「インファービジョン」が開発した。2015年の設立からわずか2年半で日本に進出。システムを売り込むため、18年夏、有効性を試す共同研究を近大病院に持ちかけた。

この記事は有料記事です。

残り2169文字(全文2508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです