メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第4部 世界の潮流/3 膨大データでAI判定 CT診断に中国ベンチャー 医師15分の作業を1分で

インファービジョンの事業モデルのイメージ

 <科学の森>

 ●2年半で日本進出

 近畿大学病院(大阪狭山市)の一室。コンピューター断層撮影装置(CT)で撮った約300枚の肺の断面の連続画像に次々とマークがつく。肺の病変である「結節」を、人工知能(AI)が見つけているのだ。

 AIは、結節の直径や位置、色の濃淡などを瞬時に識別。医師が見逃しやすい6ミリ未満の結節も高感度で見つけるという。治療の必要のない良性か、がんに進行する可能性がある悪性かも判定する。医師が15~20分かかる作業を、AIはわずか1分でこなす。

 このシステムは、北京に本社がある中国の医療ベンチャー「インファービジョン」が開発した。2015年の…

この記事は有料記事です。

残り2225文字(全文2508文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです