メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

写真とは何か?

 「ブラックホール初撮影」のニュース。科学的な意義は非常に大きいが、それとは別にコンピューター屋として気になったのは、今回のニュースで使われた「写真」という言葉のニュアンスだ。

 全世界8台の電波望遠鏡で波長1・3ミリの電波を観測した数ペタ(ペタは1000兆)バイトのデータ。それを2年かけて処理し、直径1万キロの巨大な「仮想電波望遠鏡」の画像として再構成した--。これは、普通の意味の写真とは大分違うイメージだろう。

 実は科学者にとっては「可視光」も「電波」も、波長が違うだけで同じだ。スマートフォンの写真も、大量の…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです