メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

白鵬、日本国籍取得へ モンゴルに離脱申請 親方視野に

白鵬

 大相撲の横綱・白鵬(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=がモンゴル国籍からの離脱を同国政府に申請していることを大相撲関係者が17日、明らかにした。白鵬は引退後に親方になることを希望しており、申請は日本国籍を取るためとみられる。白鵬は17日、巡業先の東京都大田区で「この段階で何か言うのは、まだ早い。結果を待つだけ」と語った。

 日本相撲協会は力士が引退後に親方として協会に残るには、日本国籍でなければならないと定めている。

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです