メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

白鵬、日本国籍取得へ モンゴルに離脱申請 親方視野に

白鵬

 大相撲の横綱・白鵬(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=がモンゴル国籍からの離脱を同国政府に申請していることを大相撲関係者が17日、明らかにした。白鵬は引退後に親方になることを希望しており、申請は日本国籍を取るためとみられる。白鵬は17日、巡業先の東京都大田区で「この段階で何か言うのは、まだ早い。結果を待つだけ」と語った。

 日本相撲協会は力士が引退後に親方として協会に残るには、日本国籍でなければならないと定めている。

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです