メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

インクルーシブ教育シンポジウム 第1部 講演/第2部 パネルディスカッション

 障害を理由に分けることをせず、全ての子どもが地域の普通学級で学ぶインクルーシブ教育。毎日新聞社と大阪府豊中市教職員組合は、そのあり方を考えるシンポジウムを2003年から続けている。2月に同市で開かれた第17回シンポでは、第1部で大和大学教育学部の落合俊郎教授(特別支援教育)が講演。第2部では障害のある当事者や保護者、教員らがパネルディスカッションをした。その模様を報告する(敬称略)。なお、コーディネーターは点字毎日の遠藤哲也編集長が務めた。

この記事は有料記事です。

残り2411文字(全文2634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです