参院選岩手の野党統一候補 小沢氏が再調整を要請 共産、社民は拒否

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨む共産党の志位和夫委員長(右)と自由党の小沢一郎共同代表=国会内で2019年4月18日午後0時27分、川田雅浩撮影
会談に臨む共産党の志位和夫委員長(右)と自由党の小沢一郎共同代表=国会内で2019年4月18日午後0時27分、川田雅浩撮影

 自由党の小沢一郎共同代表は18日、共産党の志位和夫委員長、社民党の又市征治党首と国会内でそれぞれ会談した。小沢氏は、3党の統一候補が内定している参院選岩手選挙区(改選数1)について、国民民主党の要請を踏まえて再調整を要請したが、志位、又市両氏とも拒否した。

 志位氏は要請に対し、「既に擁立を確認して…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい