メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍横田基地の軍民共用化を打診 政府「五輪・パラ臨時措置」

横田基地

 政府は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて首都圏の空港の発着数を増やすため、在日米軍横田基地(東京都福生市など)の臨時的な軍民共用化を米国政府に打診した。米側は、検討する姿勢を示しているという。日本政府関係者が明らかにした。日本側は、実現すれば民間機の恒久的な乗り入れに道を開くことになると期待している。

 日本政府は当初、東京五輪開催を契機に、羽田・成田両空港の混雑を緩和するため、米側に恒久的な横田基地の軍民共用化を水面下で打診した。しかし、米側が軍用機の運用が制限されるとして慎重姿勢を示したため、日本側は米国や友好国の選手団などの受け入れに限った臨時措置とする案に切り替えた。日本側は臨時措置を実現したうえで、将来的な民間機の常時発着を米側と協議したい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです