首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の萩生田光一幹事長代行の発言要旨
自民党の萩生田光一幹事長代行の発言要旨

 自民党の萩生田光一幹事長代行は18日、10月の消費税率10%への引き上げについて、夏の参院選を前に延期を決める可能性に言及した。先送りする場合は「国民の信を問う」とも述べた。萩生田氏は安倍晋三首相の側近。消費増税が参院選で与党に不利な材料になるのを懸念し、首相のフリーハンド確保を狙ったとみられる。ただ、与野党から戸惑いや反発の声が出るなど波紋が広がった。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1104文字)

あわせて読みたい