メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、ドローン市場を支配 元“コピー家電の街”が世界最大の生産地になれた理由

 東京・秋葉原をしのぎ、世界最大規模の電気街といわれる中国・深センの「華強北」。大型店「華強電子世界」に入ると、売り場にドローン(小型無人機)が飛び交っていた。「ようこそ、ドローンシティーへ」。デモ飛行をしていた店員から声がかかる。このビルだけで20近いドローン専門店があるという。

 深センはかつてコピー家電の一大生産拠点だった。小さな町工場や電子機器の技術者、部品業者が集積し、中国を代表する製造基地へと飛躍する基盤を作った。「アイデアさえ持ち込めば、たちまち試作品を作れる」という「現場力」こそが深センの発展を支えてきた。

 この街が生んだ最大のヒット商品がドローンだ。世界最大手のDJIなど300を超えるメーカーが拠点を構…

この記事は有料記事です。

残り2634文字(全文2947文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです