メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

太魯閣渓谷を観光中に地震が起こり、救助隊に助け出される旅行者(手前)=台湾東部・花蓮県で2019年4月18日、太魯閣国家公園提供、AP

【台北・福岡静哉】台湾の中央気象局によると、18日午後1時1分、台湾東部・花蓮県を震源とするマグニチュード(M)6.1の地震があった。震源の深さは18.8キロ。同県の一部で震度7を観測した。詳しい被害状況はまだ分かっていない。

 台湾メディアによると、同県の景勝地・太魯閣(タロコ)峡谷で観光客2人が地…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです