メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中南米 右派系政権による国家グループ再編進む 左派は退潮

 【サンパウロ山本太一】南米ベネズエラで反米左派のマドゥロ大統領と野党連合指導者のグアイド国会議長が激しく対立しているのをきっかけに、中南米で国家グループの再編が進んでいる。左派政権の退潮を受け、マドゥロ政権を批判する右派系政権が主導しているのが特徴だ。

 チリの中道右派、ピニェラ大統領の呼びかけでブラジルの極右、ボルソナロ大統領ら南米8カ国の首脳が3月22日、チリの首都サンティアゴに集まり、地域統合を目指す地域連合「南米発展フォーラム」(PROSUR)の設立に合意した。人権侵害が相次ぐマドゥロ政権に対し、近隣国が団結して圧力を強めるのが狙いだ。ピニェラ氏は署名式後、「民主主義、自由、人権の尊重を明確に約束するフォーラムになるだろう」とあいさつした。

 ベネズエラに民主化を求める米州内の国家グループは、2017年にペルーの呼びかけで発足した「リマ・グ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです