メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震3年

「わが町こうして復興の道を…」被災の写真館主が写真展 熊本・益城

「子や孫たちへの記録として残したい」。林さんは被災した自身の街をそんな思いで撮影し続けた=熊本県益城町で2019年4月15日午後2時10分、田崎春菜撮影

 3年前の熊本地震で全壊した熊本県益城(ましき)町でただ一つの写真館「益城カメラ」の店主、林真二さん(60)が被災当時からこれまで撮影し続けた街の写真56点を集めた写真展が町交流情報センターで開かれている。林さんは「私たちの住む益城の復興している姿を伝えられれば」と話している。21日まで。

 14日の前震。林さんは妻君子さん(60)、長女真紀さん(33)とともに自宅兼店舗にいた。「家ごとつかまれてガシャガシャと揺らされているようだった」。3人ともけがはなかったが、店はカメラなど機材が散乱した。15台ほどあった仕事用のカメラの中から、無事だったカメラ2台を手に外に出た。周りの家が倒壊しているの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. 中東 動物兵器、うごめく
  3. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです