メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シーラカンスの進化の鍵か 現存・インドネシア種に「より原始的特徴」

 原始的な体の特徴から「生きている化石」と呼ばれる魚類シーラカンスについて、インドネシアにすむ種の方がアフリカの種に比べて原始的特徴を持つことを、北九州市立自然史・歴史博物館などが研究報告書で発表した。この2種について幼魚を比較したところ、インドネシアの種は尾びれが大きく、原始的な特徴を残していた。シーラカンスの進化の過程を知る鍵となりそうだ。

 シーラカンスは、化石から約130種が知られているが、多くは約6500万年前までに絶滅し、現在はアフ…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです