メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外朝乃山が初優勝 三役未経験58年ぶり

幻の近松作「出世景清」東京初公演 日本初の本格長編悲劇

大坂竹本座の初演から334年、初めて東京で披露される近松門左衛門作「出世景清」を復曲した浄瑠璃三味線弾きの鶴澤燕三さん=中澤雄大撮影

 近松門左衛門が義太夫節の祖・竹本義太夫のために初めて書き下ろした記念碑的作品「出世景清」が5月29、30日、東京・紀尾井ホールで上演されることになった。貞享2(1685)年の初演以来、お江戸での初披露となる。【中澤雄大/統合デジタル取材センター】

 昨夏に山口・ルネッサながとで333年ぶりに人形浄瑠璃として復活上演されて話題を集めた「幻」の作品で、日本初の本格長編悲劇と位置付けられている。説話的な従来の古浄瑠璃(義太夫節誕生以前)と当流(現代)の分水嶺(ぶんすいれい)となる重要な演目…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  3. 安倍首相、トランプ氏を六本木の炉端焼きで接待へ
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです