メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンドリームの虚実2 「日本は頑張ればチャンスがある」

 ネパールの首都カトマンズから車で約3時間。未舗装の山道を上がっていくと、ヒマラヤを望む丘陵に民家が点々と散らばっていた。「あれが私の家です」。カトマンズ郊外で日本語を学ぶバワニ・クンワルさん(29)はうれしそうに斜面を下りていく。

 中部カブレパランチョーク地区ダプチャ村。人口は約3000人。村人のほとんどは農業に従事し、自給自足に近い生活を送る。

 「娘にはぜひ日本で稼いでほしい」。石造りの家の前で、父ラームさん(67)は言う。母シータさん(56…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1325文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです