メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンドリームの虚実3 160万円払って1カ月で送還 「行きやすくなった」悪質業者絶えず

人材派遣会社が運営する日本語学校で勉強する学生たち=カトマンズで、金子淳撮影

 出稼ぎが増えるほど、海外に労働者を送り出すブローカー(仲介業者)被害も増える。カトマンズの労働省外国労働局。川沿いのオフィスには連日、労働者たちが相談に押し寄せる。「金を払ったのにビザが出なかった」「知らない間に不法就労させられた」。並ぶ人に声をかけると、若者たちは口々に訴えた。

 ネパールは海外からの送金が国内総生産(GDP)の3割を占める「出稼ぎ大国」。海外に労働者を送る人材派遣会社は約1000社に上る。だが、派遣会社が直接、出稼ぎ労働者を集めるケースは少ない。こうした会社を頂点に郡や村レベルまでピラミッド形のブローカーのネットワークが構築されているからだ。

 ブローカーは農村部で労働者を勧誘し、派遣会社に引き渡して手数料を得る。この経費は労働者が支払う費用…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです