メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

珍品「早松茸」3本19万4400円 季節間違えタケノコと並ぶ

売り場に並ぶマツタケ=大阪市北区の阪神百貨店梅田本店で2019年4月18日午後2時32分、小出洋平撮影

 阪神百貨店梅田本店(大阪市北区)で18日、「早松茸(さまつたけ)」と呼ばれる季節外れの珍品が今年初めて野菜売り場に並び、100グラム当たり10万8000円の高値が付いた。秋のマツタケ相場の数倍だが、初物を好む常連客からすぐに購入を希望する連絡が入ったという。

 早松茸は寒暖差が大きく秋に似た気候の時…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです