メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自宅近くに食料品店がないと認知症リスク高まる 高齢者5万人を調査

 自宅近くに食料品店が「全くない」と答えた高齢者は、「たくさんある」と答えた高齢者より認知症リスクが1.7倍高い――。日本老年学的評価研究機構は18日、こんな研究成果を発表した。店を選んだり献立を考えたりする刺激が、認知機能に良い影響をもたらしていると推測されるという。論文は国際学術誌に掲載された。

 東京医科歯科大の谷友香子助教(公衆衛生学)らのチームが2010年から3年間、愛知県や北海道など全国の15市町に住む要介護認定を受けていない65歳以上の高齢者約5万人を追跡調査した。

 「家から1キロ以内に新鮮な野菜や果物が手に入る商店・施設はどれくらいあるか」と質問し、「たくさんあ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです