メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「キャッシュレス拝観」揺れる京都仏教界 「信教の自由」データ化される恐れ

京都の寺社に先駆け、4月からキャッシュレス決済を導入した世界遺産・二条城。自動販売機にカードをかざして入場料を支払う=京都市中京区で2019年4月18日午前10時57分、中津川甫撮影

 政府が推進するキャッシュレス化を巡り、京都の仏教界が拝観料や物品購入などの支払いに電子決済を導入すべきかどうかで揺れている。強く懸念されるのは、電子決済で企業が収集する個人情報の漏えいや商業利用だ。さらに個人の信仰が他者に筒抜けになり、特定の宗教が標的にされれば「憲法で保障された信教の自由が侵される恐れがある」(寺関係者)。一方、拝観料を収入の柱とする寺院の中には、現金を持たない参拝者からの収入減を懸念し、「導入しないと時代に遅れる」との声も強い。

 経済産業省によると、各国のキャッシュレス決済比率(2016年)は韓国96・4%▽中国65・8%▽米…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文938文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです