メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」

主にブラジル人園児が通うコレジオ・サンタナ学園の保育施設=滋賀県愛荘町で、大澤重人撮影

 10月から予定されている幼児教育・保育無償化を前に、滋賀県内の外国人保育施設に通う園児の保護者らから「対象外になるのでは」と不安の声が上がっている。認可外施設の場合、市町村の条例で無償化の対象を制限できるとする子ども・子育て支援法の改正案が、今国会で審議中。支援者は「母語による保育が行われている外国人保育施設を、無償化から除外しないで」と、三日月大造知事に要望書を提出する準備を進めている。

 「通い始めて長男はすぐにポルトガル語が話せるようになった。自分が日本生まれでポルトガル語が教えられ…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. コシヒカリ4トン窃盗容疑で兄弟逮捕「数え切れないくらい盗んだ」 石川県警

  5. 国民「夫婦別姓やじは自民・杉田水脈議員」 玉木氏が指摘、本人否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです