メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米探査機の小惑星ベンヌ着陸 「はやぶさ2」のプロジェクトチームが協力

「人類として何をすべきか、日米で議論できていることは素晴らしいことだ」と話す津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(右)。左はオシリス・レックスの責任者、ダンテ・ローレッタ・米アリゾナ大教授=相模原市中央区で2019年4月18日、永山悦子撮影

 米国の小惑星探査機「オシリス・レックス」の責任者、米アリゾナ大のダンテ・ローレッタ教授は18日、相模原市で記者会見し、探査機が小惑星ベンヌへ着陸する場所の選定作業に、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトチームに参加を求めたことを明らかにした。日本側は協力する方針。はやぶさ2が着陸した小惑星リュウグウは、表面がデコボコだらけで針の穴を通すような運用が求められたが、ベンヌも同じように岩だらけだったため、先達の経験を学びに来日したという。

 オシリス・レックスは昨年12月、地球と火星の間にあるベンヌに到着。同31日にベンヌの高度約2キロの…

この記事は有料記事です。

残り1464文字(全文1738文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです