メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 訴訟の70代男性が「顔」を公表 「一緒に手術された仲間も被害を訴え出て」

仙台地裁での弁論後、記者会見で思いを語る「東二郎」の仮名で活動する男性(左)=仙台市青葉区で2019年4月18日午後5時3分、滝沢一誠撮影

 10代の時に不妊手術を強制されたとして、仙台地裁に国家賠償請求訴訟を起こした「東二郎」の名で被害を訴える宮城県の70代男性が18日、第2回口頭弁論後に記者会見に応じ、顔を公表した。決断の理由について、仙台市内の診療所で一緒に手術された入所仲間の男性2人を思いながら、「2人は今どうしているのか。(私の顔を見て)被害を訴え出てほしい」と語った。

 東さんはこの日、他の原告の男女2人とともに第2回口頭弁論に出廷した。記者会見で「当時は『(被害につ…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文671文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです