達川光男さんが子どもたちに「捕手」の技術を伝授する理由

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高校生たちを指導する日々を語る達川氏=東京都内で2019年1月18日午後5時17分、中村有花撮影
高校生たちを指導する日々を語る達川氏=東京都内で2019年1月18日午後5時17分、中村有花撮影

 広島弁の軽快なトークでおなじみの野球解説者、達川光男さん(63)。昨季までの2年間、ソフトバンクのヘッドコーチを務め、日本一を置き土産に退任した後、子どもたちに「捕手」の技術を伝授しようと、日本全国を駆け回っている。【聞き手・中村有花】

 ――2015年に中日を退任した後、学生の指導ができる資格回復を申請した。研修会を受け、16年2月に資格が認定された。プロに戻ると、再申請する必要があり、ソフトバンクを辞めた後にすぐ手続きを取った。

 ◆何人かから「(資格が)あった方がいいよ」とアドバイスを受けた。持っていないと活動が制限される。もっと言うと、自分の息子が高校生、大学生の場合、野球を教えることができない。「プロに入るから、プロの練習を教えてほしい」というケースでも教えられない。(資格を回復して)自宅近くの高校や母校(広島商高)でお手伝いができればいいかなと。今は呉市立、広島新庄、広陵などの各高校で教えている。先日も午前10時ご…

この記事は有料記事です。

残り4130文字(全文4548文字)

あわせて読みたい