メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣の国を歩く

日韓の大学生交流 「違い」を受け入れる若い世代に希望

記念写真の撮影に応じる日本の「大学生訪韓団」の学生とソウル大の学生ら=ソウルで2019年3月15日、渋江千春撮影

 元徴用工を巡る訴訟、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射問題などが連日報道された昨年末から、日韓関係は急速に悪化していると言われる。しかし、ソウル・明洞(ミョンドン)をはじめとする観光地では、日本人客を以前より多く目にする。知人の韓国人には、近々日本に旅行に行くからと、日本での観光スポットやお土産について聞かれる。日本を昨年訪れた韓国人は750万人を突破し、韓国を訪れた日本人も前年比27.6%増えて300万人に迫った。両国間の往来はむしろ活発化しているのだ。日韓関係を巡る政治と市井の人々の肌感覚との違いに、韓国にいる私は違和感をぬぐえないでいる。

 そんな中、3月に日韓文化交流基金の主催で日本の「大学生訪韓団」が韓国各地を回った。日本全国から集まった大学生が、韓国の大学生と交流すると聞き、取材に出かけた。先入観のない若い世代がどんなことを考え、何を感じたのか、知りたいと思ったからだ。

この記事は有料記事です。

残り2320文字(全文2715文字)

渋江千春

ソウル支局特派員。1981年東京都生まれ。2003年入社。阪神支局、大阪本社社会部、外信部を経て2018年4月から現職。2017年4月から約1年間ソウルに留学し、延世大学語学堂などで韓国語を学ぶ。趣味は6歳の頃から続ける合唱。共著に「介護殺人 追いつめられた家族の告白」(新潮社)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです