メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣の国を歩く

日韓の大学生交流 「違い」を受け入れる若い世代に希望

記念写真の撮影に応じる日本の「大学生訪韓団」の学生とソウル大の学生ら=ソウルで2019年3月15日、渋江千春撮影

 元徴用工を巡る訴訟、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射問題などが連日報道された昨年末から、日韓関係は急速に悪化していると言われる。しかし、ソウル・明洞(ミョンドン)をはじめとする観光地では、日本人客を以前より多く目にする。知人の韓国人には、近々日本に旅行に行くからと、日本での観光スポットやお土産について聞かれる。日本を昨年訪れた韓国人は750万人を突破し、韓国を訪れた日本人も前年比27.6%増えて300万人に迫った。両国間の往来はむしろ活発化しているのだ。日韓関係を巡る政治と市井の人々の肌感覚との違いに、韓国にいる私は違和感をぬぐえないでいる。

 そんな中、3月に日韓文化交流基金の主催で日本の「大学生訪韓団」が韓国各地を回った。日本全国から集ま…

この記事は有料記事です。

残り2390文字(全文2715文字)

渋江千春

ソウル支局特派員。1981年東京都生まれ。2003年入社。阪神支局、大阪本社社会部、外信部を経て2018年4月から現職。2017年4月から約1年間ソウルに留学し、延世大学語学堂などで韓国語を学ぶ。趣味は6歳の頃から続ける合唱。共著に「介護殺人 追いつめられた家族の告白」(新潮社)。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです