メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄が大型コンベンション施設開業 21年春

西日本鉄道が2021年春にオープンする大型コンベンション施設「博多国際展示場&カンファレンスセンター」のイメージ図

 西日本鉄道は18日、大型コンベンション施設を2021年春に福岡市博多区にオープンすると発表した。ホールと会議室の合計面積は近畿以西の西日本では最大で、総工費は数十億円に上る見通し。福岡空港や博多駅に近い好立地を生かし、旺盛なMICE(大型会議場、展示場)需要の更なる掘り起こしを狙う。

     オープンするのは「博多国際展示場&カンファレンスセンター」。約2000人を収容できる大型ホール(約3000平方メートル)2室と会議室15室(計約1500平方メートル)を備えており、研修やパーティーなど多様な催事にも対応できる。

     福岡空港国内線ターミナルから約9分、博多駅から約6分というアクセスの良さを生かし、国際会議を誘致するなど、年間7億円程度の収入を目指す。

     福岡市も21年4月、博多港に面したウオーターフロント(WF)地区でコンベンション施設をオープンする予定。西鉄の倉富純男社長はこの日の記者会見で「施設が足りておらず、立地も異なるのですみ分けできる。福岡空港との相乗効果も見込める」と語った。【浅川大樹】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
    2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
    3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
    4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
    5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです