メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

豪州でペットのシカに襲われ男性が死亡、妻は重傷

[PR]

 [シドニー 17日 ロイター] - オーストラリアで、ペットのシカに襲われて男性が死亡し、妻が重傷を負った。警察が明らかにした。動物は発情期に気が荒くなることが知られているが、鹿の攻撃による死亡例は2017年まで9年間報告されていないという。

     このシカは、ヘラジカとシカの雑種。ビクトリア州メルボルンから北東200キロのワンガラッタ市で、男性が所有する敷地内に入ったところ、直後にシカが攻撃してきたという。警察によると、男性を助けようと駆けつけた妻も攻撃されけがをした。

     警察当局者は記者団に「残念ながら、男性は致命傷、女性は命にかかわる負傷だった」と述べた。シカは、現場に急行した警察に射殺された。

     豪州でシカは19世紀に持ち込まれ、ペットとして飼育されている。ビクトリア州には政府推定で最大100万頭の野生鹿が生息しているとみられる。

     狩猟関係者によるロビー団体の会員は、普通シカは人間が近づくと逃げるが、このシカは「逃げ場がなかったため、逃げる代わりに攻撃した」との見方を示した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

    2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

    3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

    4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

    5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです