メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川内 ほろ苦プロ初陣も批判の少なさに「世の中は優しかった」(スポニチ)

 ボストンマラソンで17位に終わった川内優輝(32=あいおいニッセイ同和損保)が成田空港に帰国した。連覇を狙ったプロ初陣はほろ苦い結果。それでも「覚悟していた」批判は想定より少なく、「公務員の時は職場に苦情の電話が来て、同僚に迷惑を掛けていた。惨敗したのにこれくらいで済むとは…世の中は優しかったです」と周囲を笑わせた。

     フルマラソンは現在93回連続で20位以内に入っており「100回連続20位以内でギネス申請してみようかな」というプランも披露。次のフルマラソンは7月のゴールドコースト(オーストラリア)。「サブ20」(2時間20分切り)の世界最多記録に続くギネス認定も見据え「しっかり結果を残したい」と意気込んだ。

    《日本人トップ・12位井上「まだ力不足」》 日本人トップの12位だった井上大仁(26=MHPS)も同便で帰国。「まだ力不足。日本人トップと言われるけど、結果は12番。もっと上を見ないと」と厳しい言葉を並べた。一方で序盤から先頭に立つレース内容に「これまではついていくのがいっぱいいっぱいだったけど、集団の動きといった周りの見え方が違ってきた」と手応えも口にした。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大きな虹 福岡の空に
    2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
    3. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
    4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです