メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

他人からつくったiPS、安全性確認 移植1年 網膜、副作用なく 理研など

 理化学研究所などは18日、他人からつくったiPS細胞(人工多能性幹細胞)を目の難病患者に移植する臨床研究で、移植から1年経過しても患者5人に目立った拒絶反応や副作用が確認されなかったと発表した。他人のiPS細胞を使った移植で、1年にわたる検証により安全性が確認されたのは初めて。

 東京都内であった日本眼科学会総会で、理研の高橋政代プロジェクトリーダーが公表した。研究チームは京都大が備蓄するiPS細胞から網膜の細胞を作製。2017年3~9月、目の難病「加齢黄斑変性」の65~81歳の男性患者5人の片目に約25万個を注入した。他人由来のiPS細胞を使った移植は世界初だった。

 発表によると、5人中1人に軽い拒絶反応がみられたが、目にステロイド剤を投与して治まった。網膜が腫れ…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです