メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

「アラブの春」パート2=西川恵

 <kin-gon>

 北アフリカのアルジェリアと中東のスーダンで、政権に居座っていた指導者が4月初め、相次いで辞任に追い込まれた。8年前に起きた民主化運動「アラブの春」との類似点も多い。

 アルジェリアのブーテフリカ大統領(82)は20年間、スーダンのバシル大統領(75)は無血クーデターで権力を掌握して約30年間、政権の座にあった。ブーテフリカ大統領は6年前に脳卒中を患って以来、その動静は定かでなかった。バシル大統領はスーダン・ダルフール紛争で集団虐殺に関与したとして国際刑事裁判所から逮捕状が出ていた。時代に取り残された指導者だった。

 2人の失脚は「アラブの春」を思い起こさせる。抗議行動は特定の運動家や知識人に率いられたものではなく…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです