メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

「アラブの春」パート2=西川恵

 <kin-gon>

 北アフリカのアルジェリアと中東のスーダンで、政権に居座っていた指導者が4月初め、相次いで辞任に追い込まれた。8年前に起きた民主化運動「アラブの春」との類似点も多い。

 アルジェリアのブーテフリカ大統領(82)は20年間、スーダンのバシル大統領(75)は無血クーデターで権力を掌握して約30年間、政権の座にあった。ブーテフリカ大統領は6年前に脳卒中を患って以来、その動静は定かでなかった。バシル大統領はスーダン・ダルフール紛争で集団虐殺に関与したとして国際刑事裁判所から逮捕状が出ていた。時代に取り残された指導者だった。

 2人の失脚は「アラブの春」を思い起こさせる。抗議行動は特定の運動家や知識人に率いられたものではなく…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです