メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 模索続けた「象徴」像 国民自ら天皇観確立を=大久保和夫(東京社会部)

【右】宮内庁バルコニーから帽子をふって歓呼に応える昭和天皇=1951年4月29日【左】阪神大震災被災地を見舞い、励ましの言葉をかけられる天皇、皇后両陛下=兵庫県芦屋市の小学校で1995年1月31日

 「去年(こぞ)今年貫く棒の如(ごと)きもの」。この高浜虚子の句を援用すれば、天皇退位の4月30日までの「平成」と翌5月1日の皇太子即位からスタートする「令和」という元号で区切られた時の流れに特段の意義を付与すべきではないかもしれない。だが、「明治」「大正」「昭和」と元号で示された時代区分に日本人個々人がそれぞれのイメージを持っている。近代の時の流れを一冊の本と見なすならば、西暦は本のページ、元号は、章(チャプター)になぞらえることができる。「平成」はどんな章だったのか。昭和と平成の二つの時代に皇室を担当した立場で「平成」を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1820文字(全文2090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです