連載

滝野隆浩の掃苔記

社会部・滝野隆浩専門編集委員のコラム。

連載一覧

滝野隆浩の掃苔記

「弔い委任」の先目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「お寺のための弔い委任講座」が今月3日、東京都内で開かれた。会場はほぼ満席。約60人の比較的若いお坊さんたちが、熱心に聴き入っていた。

 寺の運営をコンサルティングする「寺院デザイン」の薄井秀夫社長(53)らの企画である。「弔い委任」は薄井さんの造語。要は、週刊誌が最近こぞって大特集を組んでいる「死後事務」のこと。死んだあとにやるべきあれやこれやに、お寺もこれから積極的にかかわっていくための勉強会だ。

 全国に約7万7000。コンビニの店舗数よりも多いお寺だが、人口減少の影響で20年後には4割が「消滅」するという報告もある。いままでどおりではいられないのだ。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文844文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集