メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

民主化20年、4回目の大統領直接選挙 「世界トップ7」へ、成熟期迎え突き進む2.6億人

約8万人収容のスタジアムが支持者で超満員になった大統領選の選挙集会=ジャカルタで2019年4月7日、武内彩撮影

 インドネシアで17日、再選を目指すジョコ大統領と元陸軍幹部のプラボウォ氏が出馬し、5年ぶりの大統領選が行われた。正式な開票結果は出ていないが、民間調査機関によるとジョコ氏が獲得票数で上回り、当選をほぼ確実にした。民主主義は定着し、約2億6700万人という世界4位の人口を抱え、豊富な労働力や旺盛な消費意欲に支えられて経済成長も堅調に推移する。「2030年に世界トップ7の経済規模になる」との目標を掲げ、東南アジアの大国として成長を加速させている。【ジャカルタ武内彩】

 30年以上にわたったスハルト独裁政権が1998年に崩壊し、民主化してから20年あまり。04年に始ま…

この記事は有料記事です。

残り2570文字(全文2854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです