メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

透明化へ新法 自民提言、実効性どう確保 イノベーションも重視 自民・伊藤調査会長

インタビューに答える伊藤達也自民党競争政策調査会会長=東京都千代田区で2019年4月18日、根岸基弘撮影

 自民党競争政策調査会の伊藤達也会長が18日、毎日新聞の取材に応じ、巨大IT企業のルール整備に向け同日まとめた提言の狙いを語った。主なやりとりは次の通り。【聞き手・和田憲二、清水憲司】

 --提言の趣旨は?

 ◆ルールの強化とイノベーション(技術革新)促進のバランスを取り、透明性・公正性を確保することだ。それには独占禁止法を迅速かつ的確に適用していくのが一番重要。ただ、経済産業省や公正取引委員会の調査では、情報開示が不十分な中で取引先が一方的に不利益な契約を強いられている実態が明らかになった。(巨大ITは)…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです