メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

来年まで続く代替わり儀式

前回の剣璽等承継の儀=皇居・宮殿「松の間」で1989年1月7日(宮内庁提供)

 天皇陛下は18日、退位を報告するため伊勢神宮(三重県伊勢市)を皇后さまと参拝された。陛下は今月30日に皇居・宮殿で「退位礼正殿の儀」に臨み、同日をもって退位する。5月からは、皇太子さまの天皇即位に伴う儀式が続く。主な儀式を紹介する。【高島博之】

 ◆退位礼正殿(たいいれいせいでん)の儀

最後のおことば

 天皇の退位は、江戸時代後期の光格天皇(1817年退位)以来約200年ぶりで憲政史上初めて。退位を国民に広く明らかにするための儀式で、陛下が国民に向けて最後のおことばを述べる。

 退位日の30日午後5時から皇居・宮殿「松の間」であり、首相が特例法に基づき陛下が退位することと謝意…

この記事は有料記事です。

残り3772文字(全文4060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです