皇室

来年まで続く代替わり儀式

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前回の剣璽等承継の儀=皇居・宮殿「松の間」で1989年1月7日(宮内庁提供)
前回の剣璽等承継の儀=皇居・宮殿「松の間」で1989年1月7日(宮内庁提供)

 天皇陛下は18日、退位を報告するため伊勢神宮(三重県伊勢市)を皇后さまと参拝された。陛下は今月30日に皇居・宮殿で「退位礼正殿の儀」に臨み、同日をもって退位する。5月からは、皇太子さまの天皇即位に伴う儀式が続く。主な儀式を紹介する。【高島博之】

 ◆退位礼正殿(たいいれいせいでん)の儀

最後のおことば

 天皇の退位は、江戸時代後期の光格天皇(1817年退位)以来約200年ぶりで憲政史上初めて。退位を国民に広く明らかにするための儀式で、陛下が国民に向けて最後のおことばを述べる。

 退位日の30日午後5時から皇居・宮殿「松の間」であり、首相が特例法に基づき陛下が退位することと謝意を述べた後、陛下が30年の在位を振り返っておことばを述べる。10分間で終わる予定。

この記事は有料記事です。

残り3731文字(全文4060文字)

あわせて読みたい

注目の特集